ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
憎い 
2010.09.12.Sun / 15:30 
憎しみが、ふつふつと湧きあがって来て止まらない。

昨日、我慢できずにかんさんに電話してしまった。

何回も何回も、番号を押してみては途中でやめるということを

繰り返していた。

午後からは病院行きだ。

電話かけてきてくれるのを待ちもした。

けれど、かかってこない・・・・。

とうとう、我慢の尾が切れた。

11時半過ぎ、電話したら
出た。今日は、葬儀で火葬場にいると言う。

出たのはいいが、話しをしていたら私を攻撃してくることばかり言う。

腹が出ていること。運動をしろって言っているのにしないからだ!

7日の日のこと。休みの日に電話かけてきやがって!

他に、色んな事を言われ、反論すると

「なんや、俺が悪いみたいにいいやがって」

と、言い出す。

電話するたび、会うたび、言い続けてきた同じことを言い出すのだ。

ソレガ嫌!耳にたこができた。もう、何も聞きたくない!・・・

心の中で叫んでいた。

しかし、攻撃は治まらない。

一方的に、かんさんは私に言ってくるのだ。

聞いていて、気分が悪くなった。

自分の容姿や性格の悪い所ばかりをつついてくる。

そんなに言われなくてはいけないのか?

そんなに言われなくてはいけない人間なのか?

自己嫌悪が私を包みだした。

そして、ひどいことを平気で言うかんさんが憎くなってきた。

止まらない、止まらない、かんさんの話しが止まらない。

かんさんがDVだと、判っていたけどここまで酷いとは思わなかった。

イライラが始まり、自己嫌悪が始まりとしていることさえ気付こうとも

しない。

やさしい言葉をたった1つでいい、欲しかっただけなんだよ。

せっかく電話したんだから、もっと違う話しをして欲しかっただけなんだよ。

なのに、威張って私に私の悪いトコばかりを言い続ける・・・・。

聞いていて、イライラ感や自己嫌悪感から、かんさんにたいして



激しい憎しみが湧きあふれ出したよ


私がおかしいの?

人間だモノ、欠点の1つや2つあったっていいでしょう?

良いところ何1つ無い訳?

腹がで始めた。

これだってね、理由があるんだよ。

そりゃ、確かに運動らしいこと1つもしてない私が悪い。

けどね、生理がこの若さにして終わってしまったことにも原因があるんだよ。

女性ホルモンのバランスが崩れ、食事もまともに取れてない今の私の体は

栄養失調になってんだよ。

アフリカの難民の子供の腹のようにね!!!

何も知らないくせに、何も知ろうとしてもくれないくせに「痩せたら電話しろ」

って、何?

痩せない間は会えないということじゃない?

どんなに努力しても、コレ以下になれないこともあるでしょう?!

病気の私には、動くことさえ出来ないんだよ。

心の中まで見てないでしょう!

なのに、偉そうなこと言って、反論すると、怒鳴る。

かわいげがない女だと。

私って、何?

生きていても、必要ないということ?

昨日は、かんさんの電話を切った後、孝に電話してしまった。

助けて欲しかった。

「また、なんか言われたと?もう、そんな人ほっときなよ。

自分のストレスをキミにぶつけてるだけ。そんな人と話ししたって

何1つ得られるものは無いよ。ましてや、相手は自分が悪いなんて

思ってないはずだからさ。キミのこと大切な人と思ってないと思うよ」


うん・・・・そうなんだよね・・・判っている。

判っていることを、認めるのが怖い。

病院から帰ってきて、孝にメールを送った。

話しの途中で、孝の携帯に電話が入ったそうで、中途半端なまま孝との

話しが終わったから。

でも、そのメールに返事は着てない。

アンタもなの?


スポンサーサイト
テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ
スポンサーサイト憎いへのコメント

   非公開コメント  
スポンサーサイト憎いへのトラックバック
スポンサーサイト憎いのトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
PROFILE

踊り子ママ

[消失同盟]

  • 踊り子ママ
  • 性格:凶暴でぐうたらです
    が、『なにかご不満でも?』
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
SEACH THIS SITE..

 秘密の花園 


CopyRight 2006 待ちわびて All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。