ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
2010.08.24.Tue / 20:08 
孝のお兄ちゃんが亡くなった。

23日の月曜日逢う約束をしていたので、まさかお兄ちゃんが日曜日に

亡くなっていたとは、知らず・・・にいた。

月曜日、今日は孝に逢えるなぁって、喜んでいた。

お昼前に電話が鳴って、「あにきが死んだ」と孝が呟いた。

もともと、胃がんと難病を抱え、医者からは「後、3日の命です」

と言われていたお兄ちゃんが、2年近くがんばって生きてきたのだ。

危篤状態になったことも何回もある。

それを聞いて知っていただけに、ガッツのあるお兄ちゃんだっただけに

孝も、日曜日危篤状態になったとき、持ち直すと思っていただろう。

それにね
お兄ちゃんは、「エホバ」という信仰会に入会していて、胃がんの手術も

できなかった。が、命を短くしてしまった本当の原因。

血を誰かに与える、もらうことを許していないからだ。

本人や家族は、望んで入った「エホバ」だろうけど、残される孝や親や

兄弟のことを事を考えると、「エホバにさえ入ってなかったら」って私は

そう思ってしまう。

孝も、時々、そう言っていた。

通夜も葬式もできない。

遺骨もお墓に入れることが出来ない。

遺影を飾り、お兄ちゃんの顔を見ることも出来ない。

「エホバ」とは、そんな宗教なんだ・・・って

月曜日、電話してきたとき、孝はそう嘆いていた。

お兄ちゃんは、たくさんある信仰の中から「エホバ」を選び、その教えを

守ってきたかもしれない。

だからこそ、「3日の命」が2年も長く持ちこたえられたかもしれないが

残されたお母さんや弟たちのこと、考えてくれてたのかな・・・。

私も死んだら、通夜もお葬式もしてもらいたいとは思っていない。

「エホバ」は、私の考えに近いトコにある。

だけど、宗教とはなにかの団体に入らなくても、できるはずじゃない?

自分の心の中で、そっと手を合わせ、祈ること

私は、それが私の宗教だと思っている。

会った事はないが、孝のお兄ちゃんだからこそ、お兄ちゃんのことは

孝と逢うたび、「お兄ちゃん、どんな加減?元気?」と聞いてきた。

大好きな人のお兄ちゃんだからこそ、心配もしてきた。

そのお兄ちゃんは、今はもういない。

なんだろう・・・・

会ったこともないけれど、話したこともないけれど、喪失感があるよ、孝。

きっと、孝もそうなんだろうね。

来週の月曜日逢える、その時、お兄ちゃんの話しをいっぱいしようね。




スポンサーサイト
テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ
スポンサーサイト死へのコメント

   非公開コメント  
スポンサーサイト死へのトラックバック
スポンサーサイト死のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
PROFILE

踊り子ママ

[消失同盟]

  • 踊り子ママ
  • 性格:凶暴でぐうたらです
    が、『なにかご不満でも?』
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
SEACH THIS SITE..

 秘密の花園 


CopyRight 2006 待ちわびて All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。